エンジン整備の必要性

エンジンは、使用状態と使用期間に応じて部品機能の劣化が進み、性能の低下が生じます。その劣化や性能低下をそのまま放置しておくと不時のトラブルや故障が生じ危険な事故が発生したり、燃料や潤滑油の消費量が多くなって不経済となり、また排気ガスや騒音が増大するなどエンジンの寿命を短くします。

日常の定期点検と適正な整備が、皆様の安全運転をお守りします。