船舶ドック工事(海上)

テクノスでは、フローティングドックを活用し、大型作業船などの検査整備を行います。

北海道運輸局により小型船造船業の登録(登録番号 北小鋼修第91号)を受けておりますので船舶等の上架、検査整備を行うことが出来ます。
また、船舶内燃料機関等の解放設備を行う第1種サービスステーションの認定を受けておりますので船舶検査の際の解放検査等、船舶検査官の立ち会い検査の必要がなく、整備期間の短縮を図ることが出来ます。

海と陸をつなぐ信頼の技術力 多様化する産業を支え地域に貢献

フローティングドック

「フローティングドックけんしん」は、バラスト水を注排水する事により、沈下・浮上出来る、浮きドックです。
テクノスでは、載荷能力3,500tのフローティングドックを所有し、各種船舶の建造・修理・艤装などに高品質の仕上げと短納期で対応しています。

「フローティングドックけんしん N-3501(Floating Dock KENSHIN) 」主要目

主要寸法
全長51.5m全幅32.0m
渠内幅26.0m全深さ16.5m
渠内深さ13.5m最大吃水15.5m
渠内吃水12.5m総重量2,100t
能力
載荷能力3,500t
注排水時間2.5時間
ジプクレーンJC-100型 10t/7~11m×3t/30m 2台
バラストポンプ1,000m3/H×8m×37kw 2台
主発電機180KVA×220V×60Hz 1台
操船ウインチ8t×12m/min(I-D・I-W)2台、8t×12m/min(I-D・I-G・I-W)2台
アンカー3t×2丁、3.6t×4丁 6丁
ワイヤー38φ×200m 4本
チェーン44φ×220m 2本

フローティングドック[けんしん]による船舶関連工事

建造(北海道運輸局登録 小型船造船業事業登録:北小鋼造 第92号)
修理(北海道運輸局登録 小型船造船業事業登録:北小鋼修 第91号、第93号)

船体点検修理の様子

フローティングドックによる船舶ドック工事例(北海道運輸局登録 北小鋼修第91号)

  • フローティングドック沈降、上架対象船舶入渠状況
  •  
    対象船舶入渠、所定の位置へセット
  • フローティングドック浮上
  • フローティングドック浮上、船体点検
  • 船体サンドブラスト工事
  •  
    船体損傷箇所切り替え状況
  • 外板取付、溶接状況
  •  
    施工箇所塗装、完成状況
  • 工事完成、出渠状況