新造船実績紹介

ODA「ケニア沿岸警備艇」

政府開発援助(ODA)の一環としてケニア モンバサ港に沿岸警備艇を納入いたしました。
現地ではケニア各地から海上警察(KENYA MARITIME POLICE)のスタッフが集合し、
本艇のレクチャーと試運転を行いました。

モンバサの海を32ノットのスピードで疾走し、現地のスタッフに大変喜ばれました。
日本の品質の高さをアピールすることができ、友好の一助に貢献することができました。

政府開発援助・ODAについて

政府開発援助・ODA(Official Development Assistance)は、開発協力の公的資金のことをいいます。

日本政府は、国際社会の平和と安全及び繁栄の確保により一層積極的に貢献することを目的に開発協力を推進しています。
開発協力を通じて途上国の発展の手助けを行い、地球全体の問題解決に努める日本に対し、世界各国から寄せられる期待は少なくありません。

当社では、ODAに協力し船を建造しています。
海外艇の建造を行い納品することで、開発途上国の人々の生命と財産、その国の海域の安全を守る為にいかされていることを誇りに思っています。
長年培ってきた技術と経験が、開発途上国の平和と日本との信頼を築く架け橋になれば、そう願っています。